飲み会でのもらいタバコに注意

飲み会でのもらいタバコに注意 順調に禁煙を続けていた人が、また喫煙を始めるといったケースは珍しくありません。特に飲み会の席でもらいタバコには注意が必要です。ついつい「1本だけなら大丈夫だろう。」という気持ちになって、もらいタバコをしてしまいがちです。
しかしながら、1本では終わりません。1本吸い終わってしばらくの間は喫煙の影響で頭がくらくらしたり、気持ちが悪くなったりする場合もありますが、少し時間が経つともう1本吸いたくなり、結局は禁煙前と同様の状態に逆戻りしてしまいます。もちろん禁煙している人の多くが1本吸ってしまうと、元の状態に戻ってしまうこともよくわかっていますが、アルコールを摂取した状態ではなかなか冷静な判断を下すことが難しいです。
禁煙が長く続いている人であればお酒の席でも喫煙欲求はそれほど強くありませんが、初期の段階では強い喫煙欲求が生まれてしまうことも多いですので、お酒の席でタバコを吸わない自信のない人はしばらくの間、お酒の席に出席するのは控えた方が無難でしょう。"

禁煙中は喫煙室に近づかないようにしましょう

禁煙中は喫煙室に近づかないようにしましょう 禁煙中はこれまでの習慣からついつい喫煙所に足が向いてしまう場合があります。特に職場などであれば喫煙所にいけば、これまで休憩時間を共にした同僚もいますし、仕事の愚痴や趣味の話などちょっとした休憩時間を楽しむことができます。
当然、タバコを吸っている人がいる場所にいけば、手軽にもらいタバコをすることができます。禁煙を成功させる秘訣のひとつに、とにかくタバコを遠ざけて、不意に吸いたくなった時でもタバコが近くにないことでなんとかやり過ごすことがあげられます。逆に言えば、不意に喫煙欲求が沸き上がってきた時に手元にタバコがあると、いとも簡単に吸ってしまうということです。
また、喫煙者は禁煙した人を見るとどことなく自分が置いていかれた気持ちになる人も少なくありません。その為、タバコをやめた人がタバコを吸いたそうにしていると、すぐにタバコをわけてくれることが多く、喫煙再開のきっかけとなってしまいがちです。
タバコを辞めたら喫煙所には近づかないようにしましょう。そのうちタバコのに臭いが耐えられなくなり近づきたいとも思わなくなります。