禁煙の禁断症状はいつまで続くのか

禁煙の禁断症状はいつまで続くのか 禁煙を始めると、すぐに禁断症状が現れますが、これはいつまで続くのだろうという不安をもつ人が多く見られます。
まず禁煙初日から三日間が、禁断症状のピークといわれています。
三日目を過ぎると、今までとは気持ちが格段に楽になるといわれています。
しかしピークを過ぎ去ったというだけで、その後も緩やかに禁断症状は続いています。
それまでは、ただたばこを吸いたいという気持ちでいっぱいだったのが、今度は別の形としてイライラ感や倦怠感、眠気や頭痛などの症状が感じられるのが、よく見られる特徴といえるでしょう。
この状態は2カ月から3カ月ほど続くといわれていますが、もちろん個人差があります。
今までたばこを吸って生活していたので、禁煙をするとたばこが恋しくなる瞬間があるでしょう。
そのため朝起きたらすぐに洗顔をしたり、食事の後はすぐ歯磨きをしたり、たばこを吸いたいという欲求を、別のことに置き換えて、気持ちを紛らわせるようにしましょう。

生活習慣予防のために禁煙しましょう

生活習慣予防のために禁煙しましょう 生活習慣病が大きな問題になっています。
糖尿病や高血圧の原因になっていて、年齢を重ねるごとにリスクが増えてきます。
生活習慣予防をするには栄養バランスの良い食事をすることや、適度な運動を心がけることが大切です。
その他にも重要なことは禁煙をすることで、タバコには多くの病気の原因になるとして、注意を呼びかけている医者も多いです。
禁煙をしたいと思っても、ニコチンには中毒性があるので辞めるのは難しくなっています。
タバコをやめるときに利用すると良いのは病院で、専門の禁煙外来も存在するので、禁煙をしたいと考えている人は一度訪ねてみましょう。
一度に全てを止めるのではなく、タバコの量を減らしながら徐々に少しずつ吸う習慣を無くすことが大切で、その間はタバコの代わりにパッチやガムからニコチンを摂取することで、吸いたいという気持ちを抑えます。
タバコを止めることができたら、そこからパッチやガムの量を減らしていって終了します。